頭の中をことばにする練習帳

日々考えた物事を書き記していきます。思考を文章へアウトプットする練習として。

思い煩うことなく愉しく生きよ

さっぱり、爽やか、清々しい…

 

そんな形容詞が似合う人が好きです。

 

物事に対してウジウジしない、気風の良さを感じる人。おなかの中心に据えている意志みたいなものはぶれないけど、その他のことには執着しない人。

 

これまでに出会ってきた人を振り返り、思い浮かぶのは3人の顔。私が心惹かれた彼ら・彼女らに共通していることはなんなのか?考えてみました。

 

 

3人のうち2人は男性で、部屋に余計な物がない、口数が多くない、複雑な人間関係を持たないという点が共通している。

 

うち1人は女性で、いつも小さいバッグを持っていて、バッグの中身も家の中も整理されている、旅行時も荷物がコンパクト、余計なおみやげは買わない、というような人。

 

一方、私は旅先で実用性のない旅の思い出的なアクセサリーを買ってしまったり、広い(と自分で勝手に思っている)交友関係のために沢山の菓子みやげを購入したり、旅の日数分以上の服を持参して結局着なかったり…ということをしがちです。

 

 

さらに3人とも無駄な贅肉が付いていないスリムな体型。

 

共通して全員たくさんお酒を飲むし、食事もしっかり楽しむけど、運動したり胃を休めたりしてバランスを保っています。

 

健康でスリムな体型であれば、少数精鋭の質のいいものを身に付けるだけでも洗練されて見えます。いくら良いものを持っていても、体に気を遣っていないことがミエミエのメタボ体型だったら魅力的に見えません。

 

『あー食べ過ぎちゃった〜また太っちゃう』なんて言わずに『あー美味しかった。ごちそうさまでした!』とさっぱり言えばいい。

 

『今日は寒いし疲れてるからジムは明日にしよう』なんて言わずに『疲れるのは体力がないからだ。ジムで鍛えて強く美しくなろう!』と颯爽と動けばいい。

 

 

 

 

くどくどと御託を並べる人、他人と自分を比較して妬んだり悪口を言う人を見ると、何をすれば自分が幸せなのか理解してなくて、自分の意志で人生を歩んでいないようなイメージを持ってしまう。

 

私も悩んだり行き詰まったりして自分を見失いそうになるとウジウジ思い煩いがちなので、そういう時は掃除や持ち物の整理をして気持ちをリセットします。

 

さっぱりした人

=余計なこと(もの)にとらわれない人

=自分を律することができる人。

 

自由に人生を謳歌するためそんな人になりたいなと思う今日この頃です。

  

 f:id:shibuyaumeboshi:20180321225528j:image