Hasta mañana また明日!

思考を文章へアウトプットして、頭と心をクリアに、みずみずしい感性でいられるように。

いつも意識すること

 

生活のふとした瞬間に『もっと姿勢よく歩こう』とか『肩の力を抜こう』と思うことがありますが、一瞬頭に浮かんだだけではなかなか身につかないもの。(私の場合)

 

なので、気持ちに余裕がある時にまとめてiPhoneのメモ機能に『意識することリスト』を書き留め、一人でカフェで過ごす時や、週末ゆっくり半身浴する時にメモを眺めるようにしています。

 

ほんとうにただメモを眺めるだけですが、行動を習慣化させる方法として、脳みそにイメージを覚えさせるこのやり方が私には合っているみたい。リラックスタイムにぼんやりメモを眺めてその行動をイメージするだけ。

 

私がiPhoneのメモ機能に『いつも意識すること』として記しているのは以下。(2017.8.27.現在)

 


・朝起きたら白湯を飲む

・奥歯の噛み締めを緩める

・第一頸椎を鼻の後ろあたりに意識す

・胸で深く呼吸し、吐く息を意識する

・足の指を使い骨盤の幅で歩く

体幹トレーニングをする

・柔軟ストレッチをして詰まりを取除く

・湯舟に浸かって体を温める

 

 

この中で白湯を飲むことは夏の暑さのためできていませんが、そのほかのことは少しずつ習慣化されてきました。(夏こそ冷房病改善のために白湯を飲むべきなのでしょうが…)

 

 

 

これらの行動すべてを常に意識するなんて私には無理。

 

だから、イメージを繰り返して、無意識に体が動くようになるまで、その行動をしている自分の姿をのんびり思い浮かべてています。

 

 

f:id:shibuyaumeboshi:20170827131426j:image

写真集"femme"より。若き日のグレース・ケリーオードリー・ヘプバーン

 

 

 

中でも『第一頸椎を鼻の後ろあたりに意識する』ことは、美しい姿勢を身に付ける上での超おすすめポイント。

 

『姿勢をよくする』とだけ言っても具体的じゃないけど、これは意識するポイントが限られているのでやりやすい。

 

第一頸椎が鼻の後ろあたりにあるかな?と意識すると、自然と顎を引くことになり、首の後ろが長くなります。そして肩の力が抜けます。(写真のグレース・ケリーがまさにそれ。首と背筋がすっと長く伸びていて、美しい立ち姿のお手本!)

 

 

これを意識すると、肩が内側に入っていることや、呼吸が浅いことにも気づきます。

 

胸が開いて深く呼吸ができ、呼吸が深くなると腰が伸びて自然と骨盤が立ち、骨盤が立つと腹筋を使うことになり、お見事!!ってくらい、立ち姿も座り姿も美しくなります。

 

姿勢をよくしようとすると変な所に力が入ってしまいがちですが、これは頸椎を意識するだけで見た目が変わるので、クラシックバレエ歴25年の私がおすすめする姿勢改善方法です。

 

若き日に楽屋をともにしたグレース・ケリーオードリー・ヘプバーンの立ち姿が凛としていて憧れです。