頭の中をことばにする練習帳

日々考えた物事を書き記していきます。思考を文章へアウトプットする練習として。

仕事の反射神経、身に付くということ

今の部署に配属されてから3年2ヶ月経ちます。

 

新卒で入社した今の会社では、7年間営業として勉強させていただき、その後、自らの希望で今の部署へ異動しました。

 

やりたいこと、実現したいことがあって異動を希望し、その願いが叶ったにもかかわらず、この3年間は何もできていませんでした。

 

何もできていないというのは、会社の価値向上にも役立たず、自分の実現したいことにも近づいていないということです。

 

それでも3年間もがいて、絶望して、人に救われたり、鍛えられたりしながら、最近やっと今の自分の役割を理解し、少しずつ判断力や行動力が身に付いてきたように思います。

 

いわゆる“勉強”がキライな私は、マネジメント本を読んだり、勉強時間を作って集中して考えることが苦手です。必要に駆られて勉強することはありますが、ワクワクしながら勉強することはほとんどありません。

 

失敗を含む経験(自分の目で見て、聞いて、肌で感じたこと)でしか学ばないために時間がかかってしまうのだと思いますが、日々の数えきれない判断や会話、物事の進め方を通じて、反射神経が冴えてきて、要領も得られるようになり、スピードも速くなってきています。

 

まだまだ1聞いて10理解できるレベルではありませんが、自信がつくと、気持ちに余裕が生まれ、仕事を楽しめる瞬間も増えてきます。

 

せっかくやりたいことをやらせてもらっているのだから、もっと仕事を楽しみながらビジョンを実現したいと欲が出てきた今日この頃です。

 

f:id:shibuyaumeboshi:20170614231303j:image

 

 

写真のブルーリボンパンプスは、トウシューズのように足首に巻きつける姿がお気に入り。バレエは一番の楽しみ。ニュートラルになれる時間。