読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中をことばにする練習帳

日々考えた物事を書き記していきます。思考を文章へアウトプットする練習として。

自分の声を聴くこと

会議の議事録を取るため、レコーダーを使いました。発言者は上司や経営層の方々ばかりなので、自分の声を録音する目的ではなかったのですが、上司から資料内容の確認を求められた際に答えた自分の声も、レコーダーに録音されていました。

 

普段自分が認識している声は、やや低めで、年相応の落ち着いた声だと思っていましたが、レコーダーを通して聴こえた声は、甘ったれた、自信なさげな小娘の声でした。

 

まさに、今の自分の状態そのもの!

 

なりたい姿と現状を埋めるための努力や覚悟ができず、人に否定されることを怖がり、その足りない部分は人の助けを乞うことで埋めている、そんな残念な人を想起させてしまう声。

なんて勿体無い!

 

自信の無さは声にあらわれる。自信を持つことの大切さをあらためて実感する機会となりました。

 

f:id:shibuyaumeboshi:20170529182016j:image

 

 

明るいエネルギーに満ちた人

ジムでお会いする80代の御婦人とお話しするたびに、心が癒され笑顔になります。

 

毎回笑顔で挨拶をしてくださり、共通の話題である洋裁の話題で話しかけてくれます。御婦人が今作っている洋服の布の端切れを見せてくださる事もあって、ジムで私に会うことを想定して家から持ってきてくれたんだなと思うと、さらにあたたかい気持ちになります。

 

ジム帰りは、運動後の心地良い疲れとともに御婦人との会話で心が癒されていて、心身ともに満ち足りています。

 

少し話すだけでも(顔を見るだけ・メールのやり取りをするだけでも)どっと疲れてしまう相手もいる。

 

人の内なるエネルギーは確実に相手に伝わっている。そう思うからこそ、人にパワーを与えたり、癒したり、楽しい気分になるような、明るいエネルギーなる満ちた人になりたいと思います。

 

f:id:shibuyaumeboshi:20170527120923j:image

人に支えられている

昨日は仕事でミスを連発しました。連発というより、もうミスしかしていない。どれもこれも全部ミスってる。我ながら凄いと思うレヴェル。

 

80部印刷してくださいと指示したデータが間違っていたり、メールの添付ファイルを付け忘れていたり、参照データの保存場所が間違っていたり、重要なスケジュールの調整を忘れていて前日夕方に連絡してしまったり…。他にも何かあったはずだけど思い出せないほど。

 

もちろん反省し落ち込んだのだけれど、まわりの人たちが優しすぎて救われました。自分のミスに気付かず見過ごしていたものをきちんと指摘してくれて、咎めることなく、事なきを得るよう助けてもらった。

 

私もいい歳ですが、一緒に仕事している大人たちの人間性と心の広さを見習い、後輩や同僚の成長を助けられる人になろうと決意しました。

 

人と関わる仕事をしているからこそ、お互い支え合い、落ち込んでもネガティヴなままにならず、前を向こうとか、有り難いと思えるのだなと、感謝の気持ちが溢れてきます。

 

f:id:shibuyaumeboshi:20170527115636j:image

充実した日々を過ごすためのリスト

ここ最近は充実感のある日々を過ごすことができています。その理由がはっきりとわかっているわけではないのですが、最近すこし気をつけていることをリストにして、調子が良くないなと感じたときに振り返ることができるようにメモしておきます。

 

 f:id:shibuyaumeboshi:20170518230240j:image

 

・運動

ジムで筋トレ、バレエのレッスン、プールで水泳とウォーキング。スケジュールにあうどれかを週2回行う。

 

・食事

朝はコーヒー、ヨーグルト、苺かトマト2粒。昼は豆乳ラテと野菜入りサンド。夜は野菜、魚や卵、納豆などのタンパク質を摂る。ごはんと味噌汁。

仕事で遅くなる時は18時頃におにぎりを食べる。

 

・満足感を感じる小さなご褒美

食後においしいチョコレートを一粒あじわう。寝る前のハーブティー

 

・リラックス

お風呂に浸かりながらキャンドルのゆらゆらと揺れる灯りを見る。光、水の音、お湯の温かさ、自分の呼吸を感じる。

 

・仕事

魂を込めて精一杯仕事をする。自分の役目を果たす。無理はしない。忙しいときは朝早く出社してなるべく20時以降残業しない。

 

・睡眠

『寝たまんまヨガ』のアプリを聴きながら寝る。

 

・人間関係

友達、職場の仲間、いつも見守ってくれている家族などに対して、感謝の気持ちを持つ。

 

・清潔

部屋が整理整頓されている。洗濯物が溜まっていない。

 

・クローゼット

以前から欲しいと思っていた服や小物がほぼすべて手に入り、今の自分が満たされるクローゼットになっている。

 

・美容

オイル、化粧水だけのシンプルで手間のかからないスキンケアが定着している。肌荒れがない。タンパク質のおかげで髪にツヤが出てきた。素肌を活かした薄いメイク。石鹸で落とせる。

 

・手続きや雑務

生活に必要なタスクを把握していて、順調に完了できている。

 

2017年3月 時間の使い方

バタバタとひと月が過ぎてしまいました。

 

今月は平日もよく働きましたが、土日も休日出勤やボランティア活動、プライベートなイベントの準備や打合せなど・・・自分の時間と体力を目一杯使った一ヶ月でした。

 

その合間に趣味の習い事や映画観賞にも時間を使い息抜きしました。

 

ホワイトデーには美味しいチョコレートとお花を頂いたり、職場の同僚からお花やお祝いを頂いたりと暖かく和やかな時間も過ごしました。

 

 f:id:shibuyaumeboshi:20170401100124j:image

 

 

 

でも、来週受けるTOEICの勉強や、文章を書く時間を取ることをしませんでした。これらは目が回る忙しさを抱える今の自分の中で明らかに優先順位が低いです。

 

今すぐやらなくても困らないことですが、自分がなりたい将来像のためには少しずつでもコツコツと時間を取って継続したいと思いますので、4月は将来のために使う時間も取ることを目標にしたいと思います。

 

一年後の自分を描きながら食事する

 

言葉メモ。

 

出展は本屋で立ち読みした書籍。色々読み漁っていたので書名は失念してしました。

 

本屋を出たあともウィンドウショッピングをしたり、仕事のメールをチェックしたりしていましたが、それでも頭に残っている言葉なのでここに記しておきます。

 

『一年後の自分を描きながら食事をする』

 

 

ふだんの私のランチは、仕事の合間の限られた時間内でいただくため、職場のおじさま方とささっとラーメンを食べたり、コンビニでおにぎりやサンドウィッチを買って済ませてしまったりすることがほとんど。

 

でもその毎日の積み重ねで自分の体ができていくんだと思うと、このような食事内容は考えものです。

 

一年後、スリムで軽やかな体でいるために。

十年後、詰まりや痛みのない体でいるために。

 

毎日のランチメニューにたんぱく質やフレッシュな野菜を取り入れることはとても大切だと改めて気づかせてくれた言葉です。

 

f:id:shibuyaumeboshi:20170228184912j:image

 

写真は、スペイン イビサ島のレストランでいただいた食事の一部。美しい景色を見ながらいただく食事とお酒はとてもhappyな気持ちにしてくれます。

 

いつまでも大切な人や友人との食事の時間を楽しむためにも、まずは健康な体が必要。不健康な食事の積み重ねで病気になり飲食の制限を余儀無くされては元も子もありません。

そうでなくても日々食べ過ぎている事を後悔し、楽しむべき食事を楽しめなくなってしまっては勿体無いと思うのです。

 

今、自分に与えられてる健康な体を大切に。

 

そして美しくなる食材を意識して取り入れ、未来の自分が喜ぶ食事をとるよう心がけていきたいと思う今日この頃です。

 

感動を言葉で伝えられること

2年ほど前から区のスポーツジム施設に通っています。

 

過去にダイエットしよう!と息を荒げ、月会費8000円ほどの会員制のスポーツジムに登録したこともありますが、仕事の忙しさを言い訳に習慣付けられず、挙げ句の果てに寒い日は出掛けることさえ億劫になり、結局ほとんど通わず退会してしまいました。

 

その点、区のスポーツジムは一回400円という手軽さで、運動したいと思う日だけサクッと行くことができます。設備は最低限ですが週に一度のペースで通い続けることができています。

 

ここの施設は高齢者利用が無料ということもあり、私がよく行く土曜日の朝はお年寄りの方がとても多くいらっしゃいます。いくつになっても自分の体と前向きに向き合う人生の先輩方の姿は心から尊敬できるとともに、目指したい姿です。

 

私の場合、会員制のジムで若く美しい肉体に磨きをかける方々を目にしていた時は、モチベーションが上がるどころか自分のコンプレックスばかりに目がいってしまい焦りやネガティヴな気持ちに囚われてしまっていたので、今の施設は自分の心にも合っているのだと思います。

 

そんな区のスポーツジムで出会った81歳のとても素敵な女性がいます。週に3〜4回ジムに通い、毎回1.5時間ほどかけて筋トレやストレッチをしたり、トレッドミルで早歩きをしているそう。

 

毎週顔を合わせるうちに挨拶をするようになり、何かのきっかけで話しかけていただき、今では彼女に会うことがジムに行く楽しみになっているほど。

 

ゆっくりとした動作と、上品な言葉づかい、明るく穏やかな笑顔には会うたび癒されています。

 

その女性から声楽の発表会があるからと、先日ご招待していただきました。発表の場は区の公民館で行われる文化祭の催し物の一部。

 

ジム以外の場所でお会いすることは初めてだったので、とても楽しみな気持ちで伺いました。

 

公民館という場所だったため、軽い気持ちで伺いましたが・・・

ピアノの演奏が始まり彼女が歌い出すと、そこは公民館ではなくまるでオペラ劇場にいるかのような雰囲気に一変。

公民館中に響き渡る声量と、伸びやかで美しい歌声、情感溢れる歌い姿にびっくりしてしまいました。まさに日頃からジムで鍛練され続けているからこその賜物。

 

声楽は学生時代から続けられているそうなのですが、いくつになっても人前で披露する場を自分で作り、歌うことと向き合い、人生の経験を歌を通して表現する姿に心から感動しました。

 

そして歌い終わった彼女に、いざ感動の気持ちを伝えようとするものの・・・『すごかったです!!』という単純な言葉しか出てこないかなしさ(汗)

 

後日、記念撮影した写真を現像し手紙を添えてお渡ししようとペンを取るも、陳腐な言葉しか浮かばず・・・改めて自分の語彙力の無さ、言葉を通じて感じたことを伝える力の無さにガッカリしてしまいました。

 

でもこうして現状の自分とありたい姿のギャップが示されるいい機会となりました。

 

f:id:shibuyaumeboshi:20170228193708j:image

 

これからの人生で思いを言葉にして伝えたい場面に遭遇したとき、情け無い思いをしないためにも、言葉の使い方の勉強をゆるりと続けていきたいと思う、そんな今日この頃です。

 

 

写真は昨年夏に訪れたカタルーニャ音楽堂の内部。この時は館内見学をしただけですが、いつか観劇したいと思っています。その時は感動を美しい言葉で伝えられるようになっていますように。その情景が思い浮かぶような言葉で伝えられますように。